創発物性計測研究チーム

主宰者

主宰者名 花栗 哲郎 Tetsuo Hanaguri
学位 博士(工学)
役職 チームリーダー

研究室概要

当チームでは、高温超伝導やトポロジカル量子現象といった固体内の電子多体系が示す創発現象の背景にある電子状態の実験的解明を行っている。主に用いる実験装置は、極低温、強磁場、超高真空の多重極限環境で動作する走査型トンネル顕微鏡である。現代の走査型トンネル顕微鏡技術を用いると、原子レベルの空間分解能とマイクロ電子ボルトに及ぶ高いエネルギー分解能で、電子状態に関する膨大な情報を含んだ「電子状態の地図」を作ることが可能となる。我々は、様々な物質の電子状態の地図を解析し、物質機能と電子状態の関係を明らかにしている。また、走査型トンネル顕微鏡技術の高度化、高機能化に関する研究を行う他、未知の創発現象の発見を目指した全く新しい物性計測手法の開発を目指す。

研究分野

物理学、工学、材料科学

メンバー一覧

花栗 哲郎 Tetsuo Hanaguri

チームリーダー hanaguri[at]riken.jp R

岩谷 克也 Katsuya Iwaya

上級研究員

幸坂 祐生 Yuhki Kohsaka

上級研究員

町田 理 Tadashi Machida

特別研究員

綿重 達哉 Tatsuya Watashige

研修生

松岡 賢佑 Kensuke Matsuoka

研修生

研究紹介記事