強相関界面研究グループ

主宰者

主宰者名 川﨑 雅司 Masashi Kawasaki
学位 工学博士
役職 グループディレクター

研究室概要

当グループでは、電子の電荷・スピン・軌道の自由度を様々に変化させた界面構造を設計し、酸化物薄膜の完全エピタキシー技術を駆使して接合デバイスや人工格子を創製する。電場・磁場・光などの外場に対する酸化物超構造の応答を調べ、共役関係にない非自明な応答の詳細を調べるとともに、その巨大化に取り組む。電場や光による界面磁性の制御、磁場や電場による界面抵抗の制御などを通して、新しい原理に基づくスイッチングデバイスやメモリー、太陽電池、センサーなどの雛形デバイスを開発し、モットロニクスの基礎を構築する。

研究分野

物理学、工学、化学、材料科学

メンバー一覧

川﨑 雅司 Masashi Kawasaki

グループディレクター m.kawasaki[at]riken.jp R
松野 丈夫 Jobu Matsuno 専任研究員 matsuno[at]riken.jp R
高橋 圭 Kei Takahashi 上級研究員 kei.takahashi[at]riken.jp R

中村 優男 Masao Nakamura

上級研究員 masao.nakamura[at]riken.jp R

Denis Maryenko

研究員 maryenko[at]riken.jp

瀬川 勇三郎 Yusaburo Segawa

研究嘱託

研究紹介記事