理研-産総研 第三回 量子技術イノベーションコアWorkshop

ワークショップ概要

「第三回 理研-産総研 量子技術イノベーションコアWorkshop」を2017年11月13日に秋葉原UDXにて開催いたします。

その建設以来1世紀を経た量子力学は未だに成長を続けている分野であり、その最先端では新原理・新概念が数多く生み出されています。しかし一方では、学問と産業応用の間の乖離が進み、大きな潜在力を持つ「量子技術」の開発を目的とする科学技術研究体制が組織・人材の観点から十分には整っていないのが現状です。次世代の量子技術を先導するためには、我が国の基礎研究と応用研究それぞれで最強の特定研究開発法人が戦略的に協働し、独創的で競争力の高い革新的量子技術の研究開発を進め、持続可能社会構築に資することが急務です。今回のワークショップでは、これまでの協働の成果や今後の可能性を議論します。

ワークショップのテーマ


主催
国立研究開発法人理化学研究所
国立研究開発法人産業技術総合研究所